腸内環境を良くする効果そのD

腸内環境を良くする効果そのD

★おならの臭いを抑える
腸内環境を良くすることによって、おならの臭いを抑えることができます。
逆に言えば、腸内環境が悪くなるとおならが臭くなるということが分かっています。
臭いおならが連日出ているというときは、腸内環境が良くないしるしとも言えますし、場合によっては何らかの病気が隠れているということもあります。
おならが臭いと、大腸に関する病気ということが多いようです。
大腸がん、潰瘍性大腸炎などの大腸の病気の際に、おならが臭いということがあります。
便秘が続いて腸内環境が悪いときもその傾向があります。
どうも最近、便秘がちという場合などはおならが臭くなるということはありませんか?
この場合は、腸内環境を良くすることで解消することができます。

 

おならの臭いを抑えるには腸内環境を良くすることが大切ですが、そのためにはラクトフェリンや乳酸菌、食物繊維やオリゴ糖などの成分を摂取することが大切とされています。
音がしないおならをした場合に、臭いでばれてしまわないように腸内環境を良くするようにしましょう。
「あ、出ちゃった」という場合でも音がしなかった場合も臭いでばれてしまうってこともありますから。
もし、臭いがするおならがこれまでになく続くという場合は、大腸の病気という可能性がありますから、病院で診察して貰うことが必要でしょう。